バンクホール ブリティッシュシングルモルト

基本情報

容量:700ml

アルコール度数:40%

種別:シングルモルト

産地:イングランド・ブラックプール

製造会社:ホールウッド・インターナショナル

実売価格:2500円前後

 

商品説明

バンクホール ブリティッシュ・シングルモルトは、ウイスキーの世界における革新性と職人技の証です。イギリスの湖水地方に新たにつくられたウィロウ蒸留所で個の挑戦が始まりました。2023年に発売されたこのシングルモルトは、伝統的なウイスキーづくりに対するユニークなアプローチですぐに注目を集めました。EXバーボン樽(75%)とアメリカンバージンオーク樽(25%)で熟成されることで、ヴァニラとトフィーの豊かなアロマがもたらされます。

今回は中々聞き慣れない「ブリティッシュ・シングルモルト」を謳う激安銘柄、バンクホールを飲んでいきます。

まずブリティッシュウイスキーとは何ぞや?って話ですが、調べてもヒットするのは「ノースブリティッシュ」ばかりで分かりませんでした…すみません…。恐らくスコットランド=スコッチ、北アイルランド=アイリッシュ、ウェールズ=ウェルシュと固有名詞が既にあるので、恐らくイングランド産ウイスキーの指す独自表現ではないでしょうか?

商品説明にあるユニークなアプローチというのは恐らくググったら出てきた「アイリッシュ、アメリカン、そしてスコッチの製法や考え方をミックスして作られている」ということでしょう。

ちなみにEXバーボン樽とは容量200ℓのバーボン樽のことです。これ以上不確定情報を垂れ流しても悪いのでそろそろ飲んでいきます。

 

テイスティング

香り

りんご、ぶどう、オレンジ、パイナップル、ドライいちじく、カスタード、洋酒入りチョコレート。

2500円のウイスキーとは思えないフルーツバスケット。少しわざとらしさを感じますが、それでも価格考えたら文句無し!

 

ストレート

洋梨のジューシーな甘さとモルティさ、シナモンの強めのスパイシーさ、アーモンドチョコ、ドライフルーツ、紅茶、オレンジ。僅かにスモーキーさあるかな?終盤~余韻にはハイカカオチョコのような苦みが残ります。

アルコール刺激は少なくライト〜ミディアムボディ。割とスパイシーで後半ビター、前半は典型的な安価なNASシングルモルトらしい味わい。特筆するような点こそ無いものの、この価格でストレート飲める時点で拍手。

 

トゥワイスアップ

(香)オレンジティー、バニラ

(味)バニラの甘さやナッツのクリーミィさが出てきてフルーティーさも感じやすくなりました。そしてスパイシーさが落ち着きました。

甘さが欲しい方は少量加水いいですよ。

 

ロック

(香)ストレートの香りがシャープに

(味)蜂蜜のトロッとした甘さと林檎のフルーティーさ、モルティ、ドライフルーツなど苦みの無い甘い味わいが心地よい。余韻には潮っけ、鰹出汁みたいな風味が残ります。

これは価格以上に美味い!飲みやすい!オススメ!!

 

ハイボール

(香)チョコモナカ

(味)洋梨、トロピカルフルーツ、麦芽、アメリカンコーヒー、バニラ、牛乳、そして余韻に糖蜜の甘さがのこります。

少し前に飲んだ「アラン バレルリザーブ」なんかと似た味わい。若干バスカーみも感じる。爽快感は無く、こってり系。甘さとパフューミーさが強いのでそれが人を選ぶでしょう。

 

総合評価

まずまずまずまず価格が安すぎる!!今の御時世にシングルモルトが2500円で出てくるなんて!

それでいて香りはフルーツバスケット。味わいも少しわざとらしさを感じるものの、価格以上には楽しめました。色物に見せてちゃんと熟成感もあります。

飲み方はロックがオススメ!その他の飲み方も悪くはないですが、ハイボールだけはパフユーミーさと甘さが少し苦手でした(汗)。少し高いですがアルボラリスの方が万人受けする味わいでしょう。

ボトルデザインもぱっと見は少し安っぽいですが、実際に触れると重厚感があり、サイドにはBANKHALLの文字が(この凸凹のおかげで持ちやすい)。コルクヘッドも木製で2500円とは思えません。

 

このバンクホール、海外だとけっこう評価されてて賞も取ってるらしいので今後注目のブランドかも知れませんね。

 

香り2500円の香りじゃない
ストレート飲める
加水甘さプラス
ロック水っぽくなりやすいのだけ注意
ハイボール自分は少し苦手でした
総合評価安さは正義!一癖あるもののスコッチに負けないクオリティ。

今回紹介したウイスキー↓
(Amazonリンクは画像をタップ)


⇩少しだけ高いですが2800円送料無料で買えるヨドバシもアリだと思います(クリックで飛びます)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

お小遣いで買える1万円以下のオフィシャルを中心に紹介しています。

目次